カテゴリ:食べるもの・飲むもの( 3 )

銀座千疋屋のフルーツリッチミルク

とくにブランド崇拝者・・・ではないのですが、こと口に入れるものとなると
有名固有名詞がついてると、ついつい流されてしまう私です。
今日もこんなそそられる一品をみつけてしまいました。

f0102531_1342793.jpg


銀座千疋屋といえば、老舗のフルーツパーラー。
そんな老舗が、今風の乳飲料カップをプロデュースされてたようで・・・・。
同じカップドリンクと比較すると価格もすこしお高めでしたが(¥168・・ん?高くない?)
”これは絶対美味しいはず!”との期待をこめてお買い上げ。

フルーツの千疋屋といえども、イチゴ風味はあくまでもさりげなく
ミルクのコクが口いっぱいに広がります。
安価なフルーツオレとは一味違う、まさにリッチテイスト。
程よい甘さで、疲れた時に頂くと体の中にじんわりとしみこんでゆくようです。

銀座千疋屋HP
[PR]
by chai-roo | 2006-04-13 14:06 | 食べるもの・飲むもの

男前豆腐店の”京都がんも番長”

「男前豆腐店」といえば、ブロガーのみなさんにもすでにお馴染みな
オモシロオイシイ豆腐のブランドですが、直営店は今のところ二子玉川の高島屋だけ。
玉川高島屋へ行くと、だいたいいつもこのお豆腐屋さんに立ち寄るのですが
その度に商品ラインナップが増えており、お店の勢いの良さを感じずにはいられません。
で、お店の戦略にはまっているのか、ついつい新しいアイテムを買ってしまう私です・・。

本日は、、

f0102531_21155255.jpg


今までの男前豆腐のユニークなラインとは一線を画した、
「実録一派」シリーズの中の”京都がんも番長”という名の大判がんもを購入。

「実録一派」シリーズは今年の春に登場の、スタンダードなお豆腐が揃ったラインだそう。
でも中身はスタンダードでも、それぞれのパッケージやネーミングは
やっぱり男前ワールドな感じで、すっごくおもしろいんですよね。

f0102531_21261261.jpg


その”がんも番長”を使っての本日のおかず。がんも&小松菜の煮物です。
パッケージの硬派なイメージとは裏腹な繊細で優しい風味、そして驚きのふわふわ感。
まさに強くて心優しい昭和の番長のイメージを彷彿とさせる、納得の男前テイストでした。
おすすめです。

男前豆腐店HP
[PR]
by chai-roo | 2006-04-03 21:54 | 食べるもの・飲むもの

紀ノ国屋のイギリスパン

これを知ってしまったがために、他の食パンが食べられなくなってしまいました。

f0102531_0352984.jpg


子供のころによく食べていたのは、こんな食パンだったな・・・と、
このイギリスパンを口に入れるたび、懐かしい思い出に浸ってしまいます。
麦の香ばしさでいっぱい、余計な添加物が何も入っていない正統的なテイスト。
毎日食べてもまったく飽きない味・・・。
これは、紀ノ国屋さん創業以来まったく変わっていないそう。
まだまだ日本人がパンに対して馴染みのうすい時代に、ヨーロッパでレシピを学び、
そのレシピを、今なお紀ノ国屋のパン職人さんたちが忠実に守っている・・
というお話を聞いたことがあります。

さて、私のお好みの食べ方ですが、
「ちょっと焼きすぎちゃったかな・・」っていうくらいに強めにトーストします。
そして、バター(もしくはマーガリン)を塗るだけ。 いたってシンプルにいただきます。
何ともいえないサクサクの歯ごたえは、一度体験したらクセになること間違いありません。
ぜひぜひお試しあれ!

紀ノ国屋HP
[PR]
by chai-roo | 2006-03-30 01:08 | 食べるもの・飲むもの