男前豆腐店の”京都がんも番長”

「男前豆腐店」といえば、ブロガーのみなさんにもすでにお馴染みな
オモシロオイシイ豆腐のブランドですが、直営店は今のところ二子玉川の高島屋だけ。
玉川高島屋へ行くと、だいたいいつもこのお豆腐屋さんに立ち寄るのですが
その度に商品ラインナップが増えており、お店の勢いの良さを感じずにはいられません。
で、お店の戦略にはまっているのか、ついつい新しいアイテムを買ってしまう私です・・。

本日は、、

f0102531_21155255.jpg


今までの男前豆腐のユニークなラインとは一線を画した、
「実録一派」シリーズの中の”京都がんも番長”という名の大判がんもを購入。

「実録一派」シリーズは今年の春に登場の、スタンダードなお豆腐が揃ったラインだそう。
でも中身はスタンダードでも、それぞれのパッケージやネーミングは
やっぱり男前ワールドな感じで、すっごくおもしろいんですよね。

f0102531_21261261.jpg


その”がんも番長”を使っての本日のおかず。がんも&小松菜の煮物です。
パッケージの硬派なイメージとは裏腹な繊細で優しい風味、そして驚きのふわふわ感。
まさに強くて心優しい昭和の番長のイメージを彷彿とさせる、納得の男前テイストでした。
おすすめです。

男前豆腐店HP
[PR]
by chai-roo | 2006-04-03 21:54 | 食べるもの・飲むもの
<< CHUMSのカラーとリード Rostiのキッチンゴミ箱 >>